繰り人形たるバイデン

※写真はSAMMIT NEWSから転載させて頂きました。

 

命令書の表裏を間違え、命令文を見せてしまったバイデン

 

命令書の表裏を間違え、命令文を見せてしまったバイデン

バイデンが繰り人形であるのがバレてしまった。

バイデンの不注意で、本来見せてはいけない命令書文面がカメラに捉えられてしまったのだ。文面は、幼稚園児でも解るように書かれていた。もうろくバイデンは、ただの繰り人形であるのが改めて確認された瞬間だった。

命令書は、幼稚園児にも解るように丁寧に書かれていた。

君は部屋に入り 「こんにちは」 と言う。
君は指定の椅子に座る。報道陣が入る。
報道陣が入る。君は2分間感想を述べる。
報道陣は退席。
君はLI Z SCHULER氏にひとつ質問をする。
君は参加者君は参加者に礼を述べ退席する。

この命令書を書いたのは民主党の今も実権を握り続けているオバマクリントン政権時代の幹部連中だ。これは三期目のオバマ政権と言っても良いくらいだ。即ちバイデン政権のリーダーはバイデンではない。バイデンは単なる繰り人形であり、グローバリストとかディープステートと呼ばれる連中に米国は乗っ取られていると言える。そう、世界経済フォーラムダボス会議を仕切っている連中だ。

米国がディープステートに乗っ取られていると、日本は他人事のように笑ってはいられない。これは日本の岸田政権にも同じ事が言えるからだ。岸田政権は、日本の国益に叶う施策は何一つさせてもらえない。こうした悲惨な状況をみれば、乗っ取られ度は米国以上かもしれない。因みにグローバリストは日本で何を施工したいと考えているか‥‥。それは日本経済新聞を読めば解る。同紙が非常に解りやすく懇切丁寧に教えてくれている。

脱線しましたが、かつてはリベラル色が強かった米国の民主党も今は違う。例えて言えば急進的な左翼に近い。大きな政府を構築すべく米国共産党と実質大差ない政策が次から次へと進められているのが実情だ。グローバリスト達の企図が、そうした施策に如実に反映されたのが、ワクチン強制接種問題だ。バイデンは、ワクチン非接種者をテロリスト呼ばわりして激しく攻撃した事からも、非接種者を憎む分断の構図を意図的に増長させている節がある。グローバリストはワクチン強制義務化を通じて、ワクチンの義務化と共に更なる国論の分断を狙っていると言える。

今の米国は、建国以来最大の危機にあるといえるかもしれない。国論が分断され正に崩壊しかけている状況にあると言える。それはナショナリスト(愛国者)とグローバリスト&極左連合体の間の戦いに発展している事から、今年の中間選挙民主党が大敗したりすれば、更なる分断工作のその先に、第二の南北戦争を引き起こしかねない懸念がある。二度目の南北戦争においてはアメリカはアメリカに戻らない。アメリカは国家分裂の方向に進むだろう。

ウクライナの真実!

 

皆様ご承知のようにウクライナについての情報は、そのほとんどがコントロールされています。私達は一方的に嘘と終わりのないプロパガンダを押しつけられているのです。記事にあるように「あなたに許されている唯一の選択は、操り人形であるゼレンスキー側に100パーセントつくことである」かのようにです。

今次のロシア軍によるウクライナへの軍事侵攻が責められるなら、そのロシアの数倍責められるべきは、その仕込みをしたネオコン一派であるブッシュ親子、オバマ、ヒラリー、バイデン等だと言える。

大東亜戦争は元より、朝鮮戦争を除く他の続発した戦争やカラー革命などは、ほとんど全て米国が創出した戦争や革命であった。フセイン大量破壊兵器が無いと判明したのに吊るされた。

ウクライナで暗躍するアゾフなどのネオナチは、米国CIAの諜報や工作活動を請け負う部隊であり、戦争ジャーナリストであるローガン女史は、投稿を通じてそうした背後にいる米国のグローバリストの暗躍を警告しているのです。この投稿記事に対し、宮崎正弘氏は次のようにコメントしているので皆様にご紹介致します。

「ローガン女史はプーチンの味方ではありません。あくまでの真実とは何かを客観的に報じようとしており、西側メディアの欺瞞的な情報操作の闇を抉っている。嘗てセルビアを悪と決めつけ、クロアチアボスニアの虐殺行為を不問として、ミロセビッチ、カラジッチというセルビア愛国者国際法廷で裁いた。そのときの手法と、いまの西側メディアのプーチン攻撃は、パターンが似ています」

 

divinelight.hatenablog.com

 

 

またYouTuberの及川幸久さんも、ご自身の動画で記事にしています。

 

youtu.be

f:id:nakazawa-s:20210417152937p:plain

 

 

宮内庁長官って、バカなの??」

これは竹田恒泰ツイッター発言です。宮内庁の西村泰彦長官は、今回小室圭氏側から出された、いわゆる「28ページ文書」を “非常に丁寧に書かれている” と絶賛した事に対してのコメントですね。

 

竹田氏のファンの一人として、氏の刺激的な発言に妙に引きつけられた私も、怖いもの見たさで「28ページ文書」を読んでみました。

 

読書は大好きですし忍耐強い性格の私ですが、20ページ辺りまでは何とか到達したのですが、その後遂に放り投げてしまいました~。全部読めませんでしたが、私も宮内庁長官はバカだと思いました。(笑)

 

いずれにしても、「28ページ文書」は、「小室家母子は悪くない」という至極単純な自己弁護を、6万字を用いて書き綴っている印象を受けました。小室さ~ん。私が読む事に費やした貴重な時間を返して下さ~い!

 

それはともかく、宮内庁長官の発言からも、宮内庁は赤い敵性国家の浸透工作をかなり受けているなと感じます。宮内庁長官はかくのごとく小室推しですから、すでにあちら側の人とみて間違いありません。

五百旗頭(いおきべ)宮内庁参与は「北朝鮮の拉致なんて小さな話だ」と発言した方であり、別所侍従長左巻きはよく知られているところ。小室圭氏と宮内庁とで、何度も相談が為されているという情報もありますからね。宮内庁そのものが最早赤い巨塔であり、国民からの要監視対象です。

 

そして、「皇位継承策検討の有識者会議」というのがありますが、天皇・皇室研究の専門家が一人も入っていないという極めて不自然なメンバー構成です。その構成メンバーを見れば、女性宮家創設は既定路線にあるように見えます。

正に「皇位継承策検討の有識者会議」は、「皇位継承策検討の由々しき者会議」だ。(^^;)

ただ総選挙が近いので自民党も、確実に国民の反発を招くであろう女性宮家創設は先送りになるかもです。また小室圭氏問題が大炎上している今はまずいという事で、あちら側の作戦変更で、これまた女性宮家創設は先送りされる可能性があります。

しかしながら将来に向けて、女系天皇誕生への助奏となる女性宮家創設の舞台装置はすでに整っていると言って良い。「皇位継承策検討の有識者会議」は勿論、ほとんど全てのマスゴミはバックアップ体勢を整えおり、国民への印象操作という視点で外堀を埋めている。更には、昨年11月菅政権は「皇女」制度の創設を検討していると表明した。これは女性宮家創設に向けて、前段としての巧妙な布石に見える。

 

 

もしも間違えて「女性宮家」が創設されたら

【小室圭氏が皇族の殿下になる】

 

更にその先の女系天皇が容認されたら

【小室圭氏の子供が天皇になる】+【私たちの祖国である日本の2089年続いた歴史の終わり】

 

と言う事になります。
私達は日本の伝統と国柄を守り抜くために、とっさに録音操作出来てしまうような男を皇室に迎える訳には参りません。

 

追記:秋篠宮家を過度に叩く記事やコメントに要注意です。これらは敵性国家の破壊工作活動の可能性が高く、安易な迎合は結果として敵性国家の浸透工作に加担する事となってしまいます。皇室の安泰を願いつつ、これらの印象操作に乗らないように冷静に推移を検証して行きましょう。

 

 

 

 

女性宮家創設という布石が、皇統断絶に繋がる如何に危険な決断であるか、良く解るユーチューブ動画がありましたので、皆様にご紹介します。ぜひ多く方々にご覧頂きまして、危機感を共有したいです。

「特番『眞子内親王殿下と小室圭氏の結婚問題について考える---秋篠宮殿下誕生日会見 「結婚を認める」を受けて』ゲスト:著作家 宇山卓栄氏」


www.youtube.com

冴えない会見ですね~。
日本人をこき下ろす際は、いつも饒舌だったが‥。
記事によりますと、「8日の決算会見で柳井会長兼社長は、新疆ウイグル自治区から調達した綿花を使用しているかどうかと問われたのに対して「政治的に中立な立場でやっていきたいので、政治的な質問にはノーコメントだ」と述べました」
ウイグル族への強制労働は人権問題だろうに。“人権問題ではなく政治問題” と言うのは、習近平も同じ事を言っていたな。
同日の決算説明会では、今後の展望について「従来以上に本格的にアジアに進出していく。アジアで圧倒的にナンバーワンになる」と述べたそうですが、であるなら株主と共に日本を含むアジアの消費者にも、新疆綿を今後も使い続けるのかどうかの説明責任があると思いますよ。
あなたは講演などで、「僕が一番大事にしているのは「真・善・美」です。商売の利害といったものよりも人間の良識を大事にしたい」、と語っていたといいます。柳井語録にも記載されている事から、恐らく何度も語ったのでしょう。これからも同じフレーズを誇らしく語り続けるおつもりですか?
奴隷労働でせいぜいお稼ぎなさい。
 

www3.nhk.or.jp

 

 

おめでとうチャイナ!

 おめでとうチャイナ! やったね。世界の民主主義国家を代表する米国に、米大統領選前の絶妙なタイミングで、生物兵器たる武漢コロナを投入し、郵便投票という掌握した投票システムの元で郵便投票に持ち込むと言う、超限戦に相応しい壮大なる投票工作大作戦、実にお見事でした。パチパチパチ

これは原資の集中投入が容易な独裁国家体制の優位性を示す偉大なる勝利だと言える。戯曲は最終章が華だ。真の黒幕たる隠れ共産主義者ソロスにも華麗に演舞させよ

次なるステージは来年一月まで、大規模裁判を計画している大統領顧問弁護士のルドルフ・ジュリアーニニューヨーク市長を封殺出来るかどうかが鍵になるよ。全球的赤化に向けあと一息だ。調子こいて尻尾を出すなよ。チャイナの引き続きの健闘を祈る。(^o^)

 

【ノーカット】バイデン氏演説 大統領選挙勝利宣言

https://youtu.be/gAptGtafSzg 


【ノーカット】バイデン氏演説 大統領選挙勝利宣言

尖閣諸島が売られてしまう!

BonaFidr
(オールドメディアが伝えない海外ニュース)
記事タイトル「ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10億ドルの出資を受けていた」
https://bonafidr.com/.../%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3.../
皆様もご紹介した記事本文をぜひご覧下さいませ。
記事タイトルにありますようにジュリアーニ元NY市長は、「ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、チャイナが尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許す引き換えに息子の投資会社に10億ドルの出資を受けていた」という日本にとりまして衝撃的な事実を暴露しました。
それにつけても、昭和16年(1941年)フランクリン・D・ルーズベルトは、自らの企図を美しく飾り立て日本を戦争に引きずり込みましたが、同大統領は民主党でした。
また記事に書かれていますように、日本が領有する尖閣諸島をチャイナに切り売りしようとした、オバマやバイデンもまた民主党
古くは、奴隷制が一つの争点となった南北戦争で、黒人奴隷制維持を強く主張したのも民主党
度しがたし、米国民主党!!

https://bonafidr.com/2020/11/01/%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%af%e5%89%af%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e8%a8%aa%e4%b8%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e9%9a%9b%e3%80%81/?fbclid=IwAR2HshkGwnZssHMlV9ZkmQQ5wfGKNsFrsbMWzRc07wQKN_SrEXGseriymeA

[Dear Korean People] 誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ


[Dear Korean People] 誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ - YouTube

 


[Comfort Women Song] 韓国人慰安婦の歌 - YouTube

 


[Annexation Song] 韓国併合の歌 - YouTube

 

 

「葦原の 瑞穂の国は 神ながら 言挙げせぬ国」
万葉集に歌われていますように、これまで言挙げ(ことあげ)しないのが日本の美徳だとされてまいりましたが、この麗しい日本の伝統文化は国内のみに留めておくのが無難だと言えます。

 

ある意味言挙げせぬという日本の美徳が、シナ・朝鮮による「米国を籠絡させれば歴史を書き換えられる」という両国家による歴史工作に利用され、結果として「南京事件」や「従軍慰安婦」などの捏造された歴史認識が、あたかも真実かのごとく世界に拡散させしまったと言えるでしょう。

 

 日本の皆様、沈黙はもはや美徳ではありません。一般市民たる私達も言挙げしましょう。(^o^)
シナや朝鮮の不条理なる歴史歪曲に基づく日本への言論攻撃には、断固言論で反撃するべきです。真実は日本の側にあり、真実を持つ側にこそ勝利の女神は微笑むのです。

 

 市井の私達こそが立ち上がれば、歴史歪曲の張本人たる国賊朝日新聞や変態毎日新聞などにより歴史の改ざんねつ造を排撃する事につながりますし、日本の真実の歴史を再構築する動きを加速させることが可能になると思われます。

 

YOKOさんがついに言挙げしました。
 素晴らしい動画に仕上がっていますよ。ぜひ皆様上掲動画をご覧下さいませ。(^o^)

 

[Dear Korean People] 誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ  

https://www.youtube.com/watch?v=FXIYFvyVKBo#t=18

 

[Comfort Women Song] 韓国人慰安婦の歌  

https://www.youtube.com/watch?v=5q-8FC1fjoA

 

 [Annexation Song] 韓国併合の歌
http://www.youtube.com/watch?v=yUelX8kBThk

 

※YOKOさんが強いインパクトを受けたというサイトです。
朝鮮人を飢餓と内乱から救った大日本帝国
http://ccce.web.fc2.com/si/beforeafter.html

 

 

【朝鮮併合時代の真実】

 

【推薦図書】

◆『日本統治下朝鮮の戦時動員 1937-1945』 草思社 ブランドン・パーマー (著)

 

◆『日本の朝鮮統治を検証する 1910-1945』 草思社 ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー (著)

 

◆『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 PHP研究所 水間 政憲 (著)

 

◆『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』 ハート出版 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ (著, 監訳)

原著は、

『So Far from the Bamboo Grove』 Yoko Kawashima Watkins   

 ※ 終戦により内地へ引き上げる際、朝鮮半島では朝鮮人により数十万人の日本婦女子たちが強姦・陵辱、殺害されました。この事実を一人でも多くの方に知っていただきたいです。

 youtubeで本書の内容を紹介した動画をごらんいただけます。

 【竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記】

 

◆『言挙げせよ日本』 プレジデント社 松原久子(著)